大和町にある物件を不動産売却して、同じエリアに宅地や分譲住宅を購入する場合、後悔しないで済む買い方・ポイントが1つあります。

お話ししましょう。

■大手ハウスメーカーが大和町に進出。

大和町周辺では、いま大手のハウスメーカーが進出して分譲地や分譲住宅の開発が盛んに行われています。

大和町のすぐ近くにある若林区蒲町字南の分譲住宅もその1つです。

仙台市地下鉄東西線の「六丁の目」を最寄り駅に、そこから徒歩15分のところにあります。

土地面積は約167平方m~282平方mで、建ペい率は50%・60%、容積率80%ということですから、50坪強の土地に、ゆったりした戸建住宅が建設される予定です。

不動産売却をしてまで決断した買い物です。

以前にも増していい物件を手に入れるようにしたいものです。

■生活環境に後悔することが少ない面開発地。

大和町近くにあるこの分譲地は「建築条件付き宅地」といって、宅地を購入したあとは、分譲するハウスメーカーの家を建てるのが条件となっています。

分譲地にもいろいろな形態がありますが、購入するならこのような建築条件付きの宅地か、同じ面開発の大手のメーカーが手がける分譲住宅をおすすめします。

面開発の場合は、生活に必要な周辺施設を誘致して建設しますから、完成後は日々の生活に不便を感じることがありません。

分譲住宅という枠を越えて、街づくりをコンセプトに手掛けているため、生活環境に後悔することが少ないと思います。

■日々の便利をセットで考えることが大事。

分譲地や分譲住宅購入のポイントは、生活施設から離れたところの宅地や住宅は購入しないということです。

メーカー主導の面開発ならその点で有利です。

よくある後悔のパターンは、家並みがきれいに整備されていて、それに見とれて購入してしまった結果、毎日の買い物に不便で辛いといった点です。

暮らしはきれいな町並みだけで営めるわけではありません。

「宅地や分譲住宅は日々の便利をセットで考える」ことが大事です。

各社の販売広告をよく比較検討して購入しましょう。

大和町の物件を不動産売却し、分譲地・住宅購入を考えています。 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.